This page is applicable to 2017 curriculum undergraduate students

Service Learning Program

「英語+α」の強みとは?

サービスラーニング担当

五十峰 聖 准教授

英語を使って「貢献」をする ― これからはそういう時代。私の英語力が一番伸びたのはアメリカ留学中ではなく、卒業後に現地で就職してからだった。働く身になって初めて、役に立つ、責任のある英語を使えるようになった。語学留学なんぞ、現地では所詮客扱い。守られた環境の中で学んでいる気になっているだけ。だが働くからにはもうそんな甘えは許されない。組織、地域、そして誰かのために貢献できてこそ、初めて英語が意味を持つ。サービスラーニングではそれが実現可能だ。挑戦者よ、いざテキサスへ。
「英語+α」の強みとは?

GCP担当

カッティング美紀 准教授

「もっと自分を生かし、日本で、世界で、活躍できる自分になれる」GCPで自分に挑戦していく学生たちの姿を見るたびに、その声は本当なんだと強く思います。本場アメリカのパブリックスピーキングやクリティカルシンキングの授業で、思考力と伝える力に磨きをかける。アメリカ多文化社会の授業で、人種問題から教育、政治、文化まで、多様な視点から社会を考察する力と教養を身につける。アメリカならではのサービスラーニングの授業で、奉仕活動について体験から学び、社会の一員として汗をかく。St. Edward’s Universityでの、2か月の濃い挑戦が待っています。

2018年度 募集プログラム(2019年8月出発)(募集は終了しました。 次回募集は2019年12月~2020年1月を予定しています。)
募集要項・申請
プログラムスケジュール
奨学金情報
体験談
サービスラーニング・プログラムとは
英語学習とサービスラーニング実習 (インターンシップ、エクスターンシップ、ボランティアなど)を組み合わせた正課の海外学習プログラムです。 APUのクオーター制度を有効に活用することで、セメスターの内の1クオーターをAPUで通常履修し、もう1つのクオーターを海外学習することができます。

現在、米国テキサス州オースティンにあるThe University of Texas at Austin (UT Austin)へ、年1度の派遣を行っています。
2018-2019年度スケジュール
出発 2019年8月
募集期間 2018年12月10日(月)~2019年1月28日(月) 16:30
募集ガイダンス 2018年12月12日(水) 5限目@F213
2019年1月10日(木) 4限目@F108
1月15日(火) 5限目@F108
書類審査結果発表 2019年2月5日(火)
面接審査 2019年2月7日(木)または8日(金)5限目以降
合格発表 2019年2月12日(火)
受講者ガイダンス(1) 2019年2月13日(水)
事前授業 2019年4月 - 7月
受講者ガイダンス(2) 2019年4月10日(水)(予定)
受講者ガイダンス(3) 2019年5月15日(木)(予定)
TOEIC受験 2019年6月19日(水)(予定)
危機管理授業 2019年7月24日(水)(予定)
現地実習 2019年8月17日(土)出発
(同年11月23日(土) 日本帰国)
事後授業 2019年12月 - 2020年1月
成績授与 2020年3月
注) 2019年度秋セメスター科目として成績付与

良くある質問について (UT Austinプログラム)


アカデミック・オフィス
サービスラーニング・プログラム担当 武田、伊東、枝光
Email: mio61734@apu.ac.jp (伊東)


Back to TOP